腰痛ONEのプログラムを解説~腰痛の根本原因の「見極め」方法とは?

腰痛腰痛ONE

腰痛の原因の見極め結果を伝えるクロージング

腰痛の改善を専門的に行うスタジオ「腰痛ONE(ワン)」では、ひとり一人の腰痛の根本原因を見つけ、痛みの改善だけでなく、ご自身で日々のケアや予防ができるまでを1つとして、「リカバリープログラム」を組み立てています。

これまで、ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など、重度の腰痛でお悩みの方々が「リカバリープログラム」を受講されています。推奨の12回のプログラムを終えるころには、腰痛を感じる度合が「0」になるだけでなく、卒業後も、ご自身で再発予防できる方法を身に付けられるようになっていきます。

重度の腰痛の方でも、腰痛改善と再発予防できる秘訣は、ひとり一人の腰痛の根本原因を、リカバリートレーナーが「見極め」、自宅でできるケア「リカバリー体操」と、再発予防の「リカバリートレーニング」を、ご自身で習慣化できるようサポートするからです。

前回は、腰痛改善に必要な自宅ででのケア「リカバリー体操」について解説しました。
「リカバリー体操」についてのコラムはコチラ ☟ 
腰痛ONEのプログラムを解説~自宅で腰痛改善できる「リカバリー体操」とは?

じつは、プログラムを組み立てに重要なのが、初回にリカバリートレーナーが行う腰痛の根本原因の「見極め」(からだの状態チェック)です。

今回はこの「見極め」について解説します。

この記事はこんな人に役立ちます

・重度の腰痛、繰り返す腰痛を何とかしたい
・自分の腰痛の根本原因を知りたい
・腰痛改善と、再発予防には何をすればいいかわからない
・自分のからだに合った腰痛改善・予防法を知りたい
・さまざまな方法を試してきたけれど、思うような腰痛改善できる方法に出会えていない
・腰痛改善を専門とする「腰痛ONE」のプログラムを知りたい

腰痛ワンのリカバリープログラムとは?

ここで、「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」を改めておさらいしましょう。

「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」は、どこに行っても望む回復には至らなかった重度の腰痛の方々でも、腰痛の根本原因を解決し、ご自分で腰痛の「回復」と「再発予防」ができるようになるプログラムです。

年齢や、運動経験は関係ありません。専属のリカバリートレーナーが、一人ひとりのからだの状態やライフスタイルまでを考慮して、持続可能な日々のケアと予防の方法を、提案してくれるからです。

◎腰痛ワンのリカバリープログラムの目的

1. 腰痛の回復
2. 腰痛を再発予防できるからだづくり

「リカバリープログラム」は、週1回×全12回を推奨しています。つらい痛みの原因の根本解決に向けて、ご自身で腰痛「回復」と「予防」できるからだづくりまでをゴールに、3つのステップで、メニューを組み立てていきます。

腰痛回復と予防の3つのステップ

「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」では、3つのステップでご自分で腰痛改善から予防までできるからだづくりを目指します。

■ステップ1:見極め(からだの状態チェック)
ステップ1は、初回のプログラムでリカバリートレーナーが行う腰痛の根本原因「見極め」です。
腰痛の原因は、ひとり一人違います。このため、初回は「カウンセリング」「歩行」「施術」の3つの方法で、細かく腰痛の根本原因を「見極め」ます。

腰痛ワンの通常のリカバリープログラムでは、スタジオ受講だけでなく、オンラインでの受講にも対応していますが、初回は必ずスタジオにお越しいただき、腰痛の根本原因をくまなくチェックすることを徹底しています。

そして、からだの状態からライフスタイルまで、総合的に判断し、その方が継続できる方法で、腰痛改善プログラムを組み立てていきます。

もし、腰痛の大きな要因になる、「立つ」「座る」「上る」「下りる」「しゃがむ」「かがむ」といった、日常生活の基本の「からだの使い方」が間違っている場合、ケアをしても、同じ動きを繰り返していれば、すぐに痛みが再発してしまうため、ステップ2の腰痛改善のケア「リカバリー体操」をお伝えする前に「正しいからだの使い方」を指導します。

「正しいからだの使い方」についての記事はコチラ
☞ 姿勢改善しませんか?腰痛改善・予防に必須の立ち方・座り方

腰痛予防・改善に必須の、正しい階段の上り方・下り方、モノの拾い方・持ち上げ方とは?

■ステップ2:からだの部位をほぐして整える
ステップ2は、からだの部位をほぐして整えます。

腰痛の原因となっている、硬くなった筋肉・筋膜の柔軟性を取り戻し、からだを動きやすくします。
これは、ご自宅でのケアである「リカバリー体操」が必須になります。「リカバリー体操」は、地方の方や高齢の方など、施術に通えない方でも回復できるよう、施術によって回復する原理を元につくられたものです。ご自宅で、毎日行っていただけるため、施術に通うよりも、回復が早まるだけでなく、ご自分のケアで良い状態をキープすることができます。

リカバリー体操についてのコラムはコチラ
腰痛ONEのプログラムを解説~自宅で腰痛改善できる「リカバリー体操」とは?

■ステップ3:腰痛予防のためのトレーニング
ステップ3は、腰痛予防のため「リカバリートレーニング」です。ステップ2の、「リカバリー体操」では、柔らかい筋肉をキープできるものの、柔らかいだけの筋肉では、からだを支える土台の筋肉がゆるんだ状態のため、場合によっては痛みやケガにつながることもあります。
「リカバリー体操」で、筋肉が柔らかくなってきたら、正しい姿勢を維持することが再発予防には必須です。自分の骨格を、正しい位置で、自分の筋力で支えられるように、仕上げのコーティングのようなイメージで、「リカバリートレーニング」を並行して行っていきます。

◎腰痛ワンのリカバリープログラム「3ステップ」

ステップ1:原因の見極め
カウンセリング+歩行チェック+施術チェック
(初回・対面のみ)
※必要に応じて「正しいからだの使い方」の指導

ステップ2:部位をほぐして整える
リカバリー体操

ステップ3:腰痛予防のためのトレーニング
リカバリートレーニング

腰痛改善の8割を決める「見極め」とは?

「見極め」の重要性

「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」は、以下のような、重度の腰痛の方が受講されています。

・どこに行っても望むような腰痛回復には至らなかった
・診断を受けて治療したけれど、腰痛が再発してしまった
・手術せずに腰痛改善をしたいがどうしたらよいか分からない
・原因不明の腰痛と言われた
・一時的に良くなるが、腰痛を繰り返してしまう

辛い腰痛に悩まされ続けた結果、「最後の砦(とりで)」として「リカバリープログラム」と出会い、ご自分の腰痛の根本原因を知り、痛みが良くなり、ご自分で予防できるようになり、卒業されていきます。

ここで重要なのが、一人ひとり異なる、腰痛の根本原因を見つけるため、初回にリカバリートレーナーが行う「見極め」です。

腰痛にはさまざまなことが影響するため、あらゆる角度から見ていかないといけません。
姿勢・日常生活の体の使い方・運動・食事・睡眠・ケガや手術歴など、ご自分では思いもよらないことが、腰痛の原因になっている場合がほとんどです。
とくに、重度の腰痛の方は、複数の原因が重なっていることも多いため、リカバリートレーナーは、優先順位をつけて、解決と予防までのプログラムを組み立てる必要があります。

このため、初回のプログラムは必ず100分という時間をいただき、リカバリートレーナーは直接お会いした上で、お体の状態からライフスタイルまで総合的に、腰痛の原因となりうることを細かく洗い出し、腰痛の根本原因を「見極め」ています。

リカバリートレーナーは、「見極め」で8割腰痛改善が決まると考えます。責任感を持って、初回のプログラムに取り組んでいます。

3つの「見極め」方法で腰痛の根本原因を洗い出す

腰痛の根本原因の「見極め」は、病院で例えるなら、検査や健康診断に似ています。

その方の腰痛の原因は一体どこにあるのか?
リカバリートレーナーは、耳と目と手を駆使して、3つの方法で、さまざまな角度からお客様のからだの状態をチェックします。

まず、カウンセリング(耳)でライフスタイルや過去のケガや運動についてまで細かく伺い、次に、歩行のチェック(目)、最後に、施術チェック(手)を行い腰痛の根本原因を「見極め」ます。

この「見極め」の結果から、ステップ2の自宅で行っていただくケア法=「リカバリー体操」をご提案します。病院で例えるなら、処方箋のようなものでしょうか。

もし、診断結果が違えば、処方された薬が効かないのと同じように、「見極め」が正確でなければ、「リカバリー体操」で十分な効果が得られず、腰痛回復できないという結果になる可能性も考えられます。

このように、「見極め」は、腰痛改善には重要な役割を果たしています。

先ほどお伝えした通り、私たちリカバリートレーナーは、「見極め」で8割、腰痛改善が決まると考えます。腰痛の根本原因の「見極め」が正確にできれば、適切な「リカバリー体操」を行っていただけるため、腰痛は必ず良くなります。このため、初回は必ず直接お会いしてチェックを行い、お客様のからだと真剣に向き合うのです。

「見極め」の3つの方法

初回プログラムでの
腰痛の根本原因の「見極め」3つの方法

【耳】:「カウンセリング」
ライフスタイル、運動・食事・睡眠、過去のケガなど、生活全般から腰痛の原因をチェック

【目】:「歩行」 
歩く姿から、腰痛の原因をチェック

【手】:「施術」
施術で、腰痛の原因をチェック

「見極め」の3つの方法を解説

ここから「腰痛ワン」「リカバリープログラム」の初回に必ず行う、3つの「見極め」の方法を解説していきます。

「カウンセリング」での見極め

カウンセリングの見極め

初回カウンセリングでは、腰痛の原因と関係のすることを細かく聞いていきます。

生活・仕事の環境、移動手段(車・電車・歩きなど)、幼少期から現在までのケガや治療歴、運動、食事、睡眠も腰痛に関係する可能性があるため、根本原因を見極めるためにも、くまなく伺っています。

また、ステップ2の腰痛改善のケア法「リカバリー体操」は、毎日ご自宅で行っていただくため、ライフスタイルや、生活環境をカウンセリングで伺っておくことは、プログラムを進める上でもとても重要になります。

ここでもう一つ大切なことは、日常生活でのからだの使い方は、腰痛に大きく影響するということです。
・足を組んで座る
・荷物を左右どちらかで持つ
・重いモノを持つときに間違ったからだの使い方をしている
など、もし腰痛の原因となるからだの使い方をしている場合は、「リカバリー体操」で一時的に良くなっても、すぐに痛みが戻ってしまうため、まずは正しいからだの取り方からお伝えしています。

「正しいからだの使い方」についての記事はコチラ
☞ 姿勢改善しませんか?腰痛改善・予防に必須の立ち方・座り方

腰痛予防・改善に必須の、正しい階段の上り方・下り方、モノの拾い方・持ち上げ方とは?

「歩行」の見極め

歩行による見極め

「歩行」の見極めは、「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」において、もっとも特徴的であり、重要な見極め方法です。

カウンセリングが終わると、スタジオ内を何往復か歩いていただき、その姿を、リカバリートレーナーがチェックします。

「歩行」でさまざまなことが分かる

「歩行」は、全身を使う日常生活の基本の動きです。「歩行」から、さまざまなことが分かります。
どこかが正常に動いていない、動きが小さい、左右に傾いているなど、からだのどこかに負担のかかる歩き方をしていると、腰痛の原因になってしまいます。

たとえば、冬場に寒くてスリッパを履いて生活していると、知らず知らず歩幅が小さくなり、腰が固まって腰痛の原因になっていることがあります。

リカバリートレーナーは、目と経験を駆使して、硬くなっている筋肉、からだの使い方、骨盤の動き、肩甲骨の動き、足の運び方、目線などから腰痛の原因を「見極め」ています。

この「歩行」の見極めは、プログラムが進んでいく中で腰痛改善の度合いをチェックするためにもこまめに行っています。

なぜ「歩行」で腰痛の原因をチェックするのか?

なぜ、「歩行」を通して、腰痛の原因を見極め、改善をチェックするのでしょうか?
その理由は、「腰痛ワン」では、ただ痛みをなくすだけでなく、日常生活を送る中で、痛みがでないことが本当の回復だと考えるからです。

もし仮に、「歩行」の見極めがなく、つぎに紹介する「施術」のみでからだの状態をチェックしたとしましょう。「施術」は、からだは横になって静止した状態のため、各筋肉の硬さや可動域を正確に把握できます。しかし、歩くときの足の運び方や、体重のかけ方、からだの使い方の左右差が腰痛の原因になっている場合は、見逃してしまう可能性が出てきてしまいます。

これでは、日常生活を痛みなく過ごせるという、私たち「腰痛ワン」の考える本当の意味での腰痛回復というゴールを、根本解決から組み立てることはできなくなってしまうのです。

「腰痛ワン」の考える、本当の意味での回復=日常生活を痛みなく過ごせるを叶えるために、「歩行」はもっとも重要な見極めといっても過言ではありません。

「施術」の見極め

施術の見極め

腰痛でお悩みの方は、施術を受けられた経験のある方も多いのではないでしょうか?

「腰痛ワン」の「リカバリープログラム」において、「施術」は腰痛改善を目指すための手段ではなく、からだの状態の「見極め」として行います。

リカバリートレーナーの手で、硬くなっている筋肉はないか?関節は正常な範囲で動いているか?など「施術」を通してからだをくまなく点検していき、腰痛の原因を「見極め」ます。

リカバリートレーナーは「カウンセリング」と「歩行」で腰痛の原因を予測し、最後に「施術」によって手に伝わる感覚で、からだの中の細かい筋肉や筋膜・関節の状態から、腰痛の根本原因の見極めの結果を導きだし、プログラムを組み立てていきます。

「腰痛ワン」が施術ではなく「リカバリー体操」をすすめる理由


腰痛改善のケアとしてお伝えする「リカバリー体操」は、地方で施術に通えない方でも、ご自宅で回復できるよう、施術で良くなる理論を元につくられた体操です。

毎日施術に通うことが難しくても、「リカバリー体操」は、ご自宅で毎日行うことができます。

ご自宅での「リカバリー体操」で、重度の腰痛の方でも改善されるのには理由があります。

「リカバリープログラム」で推奨している週1回×12回です。
もし、プログラムで施術だけを行う場合、一時的に、腰痛の原因となる筋肉の硬さは和らぎ、痛みは改善されますが、元々の腰痛の原因となる筋肉の硬さに加え、日々の生活で蓄積される筋肉の硬さを取り戻すには、週1回×12回ではまかないきれないのが正直なところです。

しかしご自宅で、「リカバリー体操」を毎日行っていただくと、毎日施術と同じケアができるため、日々、筋肉の硬さを和らげることができ、重度の腰痛の方でも、早く改善されていくのです。

ご自分でケアできる「リカバリー体操」が習慣化すれば、施術に通えずに腰痛が悪化することもなく、ご自分で、痛みの出にくい状態を維持することができるようになるのです。

定期的な「見極め」が腰痛再発0に繋がる

いかがでしたでしょうか?
「腰痛ワン」の初回の「リカバリープログラム」では、直接お会いし、100分という時間の中で、「カウンセリング」「歩行」「施術」の3つの方法でくまなく腰痛の根本原因を「見極め」ます。

一人ひとり異なり、さまざまなことが影響する腰痛の根本原因を、確実に「見極め」ることが、腰痛改善の大きな第一歩です。

リカバリートレーナーは、「見極め」で腰痛改善の8割が決まると、責任を持って初回プログラムに取り組んでいます。

そして、この「見極め」の3つの方法は、プログラムの折り返しでもチェックとして行っています。
とくに、「歩行」はからだのさまざまな変化や状態を把握できるため、プログラムで毎回行うトレーナーも少なくありません。

また、「リカバリープログラム」卒業後も、腰痛再発0を目指すため、定期的にリカバリートレーナーによるチェックを行うことを推奨しており、プログラムの受講から1年を経過した方には、腰痛ワンから「定期健診」としてご連絡させていただくシステムもあります。

「リカバリープログラム」は、最短で3か月という期間ですが、卒業後も、春夏秋冬一年を通して、ずっと腰痛再発0で、健康を維持していただきたいという「腰痛ワン」の想いが込められています。

ご自分に必要な腰痛改善・予防法を知りたいと思われた方は、ぜひ、お問い合わせください。